English: Global siteGlobal site
タティングレースの材料、製品の通販、自由が丘での実店舗、タティングレース教室などのタティングレース専門店です。
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:170
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 9 次のページ»
2019年09月19日

タティングを始めて間もない方によく、【スプリットリング】を教えてほしいと言われます。

本を見ていてもわかりにくい所だし、何より名前がかっこいいんでしょうか?

でもリングもまだ均一に絞れない方、リバースワーク・・・?の方、またはリングのみのお花の最後のピコつなぎがねじれている段階で、スプリットリングは必要でしょうか?

スプリットリングを知っていると、切らずに進めてとても便利だし、糸の結び目は減るし、いいとは思いますが、スプリットリングがなくても出来るデザインもたくさんあり、切ってつないでできるものもあります。

画像のようなスプリットのみのブレスレットやネックレスは、スプリットが出来ないとできないデザインですが、教えてほしい方に限って、ブレスレットやネックレスはしない、やり方だけ知りたいから、キットはいらない・・・とおっしゃいます。

慣れた方ですらたまに忘れてしまうこともあるのに、慣れない方が1個2個スプリットリングが出来たところで覚えられますかね?

そんな時、逆上がりの練習もしていないのに、大車輪を教えてくださいというようなもの!とまた体操ネタの例えが出てしまいます。

出し惜しみをしているのでも、買わせようとしているのでもなく、どんな時にスプリットリングが便利かがわかるようになってからでも遅くはないと思うんですよね。それに繰り返さないと覚えられないと思います。

もしレッスンもキットもしないなら、いいやり方はいろいろありますので、Youtube先生に教わるといいのではないでしょうか・・・

ちなみに・・・スプリットリングの歴史ですが、タティング技術の概念として初めてスプリットリングが紹介されたのは、 1918年に出版されたAnne  Champe  OrrのTatting #13でした。「タティングの新しい方法」というタイトルが付けられ、スプリットリングがどのように作成されるかについて4つの写真で説明されました。

使える画像かどうかわからないので、リンクだけしておきます。画像はこちら

2019年09月15日

9/23(月・祝)~25(水)ルーマニア大使館にて【エリザベス王妃とタティングレース展】が開催されます。是非お出かけください。

先日手に入れました、1910年発行のArt of tattingにありました、ルーマニアの王女様によるまえがきを、詩的な表現や個人的な例などは省き、女性に向けてのメッセージとして超要約してみました。

なんかジーンときます(T_T)

 

=まえがき= H.M.ルーマニアの女王

”Woman's Work" というのは、昨今違う意味を持ってきました。
我々が女性の仕事というとき、男性がするような仕事でも、男女の区別なくする仕事でもなく、家にいて子育てをしている女性の手仕事を意味しています。
この本はそんな家にいる女性のために書かれています。

読書や考える時間をもつ事が出来る孤独な女性は、我々の技法を模倣し、技術を深めることに喜びを感じるでしょう。
そんな孤独な女性たちの仲間になりたいという願いを込めています。

今日では、便利で必要なものはすべて機械で処理されるため、手仕事は非常に贅沢になりました。
伝統がもたらしたレースは見た目はとても素晴らしく、何世紀にもわたって変わることはありません。
しかし今では誰もそれをする時間がありませんし、心から学ぶことはとても難しい。
私たちの針仕事は喫煙よりもはるかに優れています。私たちの静かな針やシャトルは真の友であり、安全な仲間であり、非常に控えめです。針とシャトルは私たちを裏切ったことはありません。

女性が働くとき、一部の男性は気に入りません。しかしそれは間違いです。
静かな女性の仕事には、どれほどの思いやり、どれほどの深い不安、深遠な悲しみが込められているでしょう。
常に尊敬の念と敬意を持ってそれを見なければなりません。
女性の作品には多くの涙が隠されており、多くの溜息が吐き出され、多くの言葉に傷つけられた可能性があります。
しかし、贅沢よりもはるかに快適で、パンを手に入れることの苦労よりもはるかに安らかです!

タティングには、レース作りと織りの魅力が組み合わされています。
新しいステッチが見つかったときの喜びはとても素晴らしいです。
もちろん、私たちの仕事は小さく控えめで、世界を揺るがすことはありません。
しかしわれわれは小さな部屋の中で強い満足感を与えるものを見つけることができます。

私たちの針とシャトルを軽蔑しないでください。女性の手は、素敵な芸術品を扱うほど優雅ではありません。親愛なる、孤独で、さびしく、不安な(またはパン代を稼ぐことを考える必要のない満足な)女性たち、私たちの本を開いてください。

そして、それがあなたにもたらすかもしれない平和な時間を考えてください。そうすれば、私たち自身の孤独の結果を公開することで、私たちがあなたを愛していたと感じるでしょう。

CARMEN SYLVA.

2019年09月12日

先日投稿しました、著作権保護期間終了の1900年発行フランスの本と、1924年日本発行の本に同じようなものがあることと、テキトーにやっても似たようなものができた経験から、このデザインはパブリックデザインと判断し、模倣、アレンジ、販売、完全OKのキットを作りました\(^-^)/

いちばんかんたんなシリーズの 【ビーズスクエアピアス 】簡単だけどかわいいですよ〜

文化祭、バザー等で販売するものがないとお困りの方!どんどん作って売ってください!(^^)!

断りもクレジットも不要です! ビーズスクエアピアス(イヤリング)はこちら

毎回新しいオリジナルデザインに困り果てた先生方!はじめてのビーズタティングの教材にもどうぞお使いください。

(ただし新しいレシピのコピーは違法です。人数分お買い求めいただくか、デジタルコレクションの原本か、ご自分のレシピにしてください)

2019年09月08日

お陰様で好評の Aphyuオリジナルキット

【いちばんかんたんなティッシュケース】

ですが、早速作ってくださった方から『小さくなっちゃった~』とご報告がありました。

私とアルバイトは同じ先生に習っていたので、大体同じサイズに出来上がるので分からなかったのですが、割と皆さん私たちよりきつめに結われるようで、小さくなってしまうようです。

大きさの決まりのあるものですので、入らないと困りますので、お知らせしますね。

手加減は人それぞれですが、ティッシュの大きさに合わせてくださいね♪

①まず1個モチーフを作ったら、ほぼ実物大に合わせてください。ここで1㎜小さいと、裏表で10モチーフ繋いでいるうちに1㎝小さくなりますよ。

②ピコつなぎがわからないように他のピコより小さくし、かぎ針でビチビチでつなぐという方は要注意です!

そう言われる先生も多いのですが、Aphyuのキットは無理にピコの大きさを変えたりはしていません。

全体的にはみんな小さめのピコですが、他のピコとサイズは変えなくて大丈夫です。

③底面の4×5モチーフを作った時にティッシュケースと合わせてください。ここでピッタリでは厚さ分が足りないですよ~

まだ間に合いますので、上面を気持ゆるく、ピコを気持大きく、気持ちというのが大切ですよ~

④つながって出来上がってしまってもまだきつい場合は、水スプレーで少し濡らし、中に厚紙などを入れて乾かしてみてください。 5㎜位なら何とかなります。

⑤どうしてもだめなら1模様増やしてください。(または上と下を別々に作り、クロシェで縁取り かえって大変だけど・・・)

割と簡単で、使えて、便利なティッシュケース。是非仕上げてくださいね♪

2019年09月07日

リングの中にクロスにビーズを入れる方法の新旧研究キット、いかがでしたでしょうか?

な〜んだ、そういうことか...でしたでしょうか?

実は、目に見えているものが、本当にそうだとは限らない、違う角度からそのように見えるようにやってみるというキットでした。

タネがわかっちゃうと面白くないので、まだの方にネタバレはご遠慮くださいね(^_-)

フレームがまとめて入荷しないので、セットができないのですが、井川先生のペンダントの方だけ単品で作っていただきましたので、まだの方で気になる方は是非ご体験ください。9/14(土)発送予定で限定各5個ずつご予約受付中です。こちら

    

最近ネットやSNSなどがテレビやラジオに代わる情報源になっており、繰り返し目に入るため、それが正解のように思われる時代になってきました。

レッスンでも、SNSではこう言ってたんですが...と言われる方がいらっしゃいます。 先生に目の前で教えてもらっているのに、SNS情報とは違うので、これは違うのではないかとおっしゃるんですよ。 本当に不思議です...

名前もわからない人が発した一方的な情報や、企業が宣伝のために宣伝と思われない方法で繰り返し流している情報を鵜呑みにしているのですかね...

『映え』や『魔法のフレーズ』に惑わされず、その奥に隠された真実を見極めていかなければいけないなと思う今日この頃です。

p.s. 井川先生が、キットができてるかできていないか心配だから、できたら画像見せてくださいとのことです。 SNSが心配なら、キット内の先生のメールかうちのメールに画像送ってくださいね♪

2019年09月06日
見つけちゃいました〜(≧∀≦)
これって著作権侵害ですか〜?
右は1900年フランス発行のTATTING
左は1924年日本発行のタッチング編物

よく見てください!
目数違いますよ。でも似てますね〜
見たんですかね...見たんでしょうね...
真似したんですかね〜でもわからないですね...100年も前の話ですから。

実は私も昨年のクリスマスにラメ糸でひし形のピアスを作ろうと思って、目数を気にせずテキトーに作ったら、ひし形にならず、正方形で、真ん中がクロスしちゃって、こんなのができてしまったんですよね〜。
テキトーにやってもだいたい同じものができてしまうものに、どんな権利が発生するでしょうか?

例えば、この写真を使い、同じ説明文を使って本を作ったら、原本が昭和43年以降(今からつくるなら著作権保護期間70年、昨年までは50年)の本なら著作権保護法違反ですね。

『タティングの技術を使い、4方はピコで繋がれている三つ葉のリングで真ん中がチェインでクロスとなっている正方形のピアス』の意匠権を登録して認められれば、真似されたら意匠権侵害です。

リングやピコつなぎ、チェインを発明し、そのようなタティングの技術で特許を取り、20年経っていないとしたら、特許権侵害ですね〜

そしてそれを例えば
『Aphyuスクエアピアス』 と命名し、商号登録していれば、誰かが『Aphyuスクエアピアス』じゃないものを『Aphyuスクエアピアス』と言って売っていれば、商号侵害! ロゴマークを使うなら商標権侵害。
間違えるほど似たようなものをつくり、販売していれば不正競争防止法違反

だから...これは...
著作権侵害ではないですよ〜

模倣を推進しているわけではありません。やめてというのをやるのは、いじめのようなもの。そんなつもりじゃなかったでは済まされないこともあるので、やめてくださいね。
真似をするのは上達のコツですが、大丈夫というものを真似するのが安全です。

何が何を侵害しているのか、まとめたつもりですが、わかりますかね〜
それと弁護士じゃないので、細かいところが間違っていたらごめんなさいね。

ところでこの日記のタイトル、何年か前にテレビ番組のタイトルでありましたが、まさか商標登録されてないでしようね(≧∀≦)
2019年09月05日

タティングの歴史の本を見ていると、西洋の本にはその技術は東方から来たらしいと書いてあり、日本の本には西洋から来たとあり、どうやらどちらも異国からの繊細な技術に憧れ、そのように伝えているような気がしますね。本当はどうなんでしょう。

 タティングは色々と形を変えているので、どこからが初めてと言うかの定義は難しいですが、世界各地に広まったのはやはり漁業と関係があるようです。

 日本にも昔からあるガラスの浮き玉の袋の底を見てみたら、タティングのような作りの結び目がありました。厳密に言うとマクラメの方が近いかもしれませんが、底のつくり方は、「プラリングをくるむ」のやり方と同じです。

昔から船乗りは網などをシャトルのような道具を使って作っていましたし、船や帆を固定するのに様々なロープの結び方を知っていました。

漁の合間に要らないロープをほぐし、手遊びで色々な結び目をつくり、それがあまりにも好評で、漁に出るたびにたくさん作って港で売ったりしていたものを、噂を聞きつけたご婦人方が高く買うようになり、技術も極まり、芸術性が出て、技法も進化して、ついに宮廷のドレスを飾るまでになったであろうということが想像できます。

 今でこそ、貴族の手芸、教会の神聖な、淑女の繊細な...などのイメージを持たれている方が多いかもしれないですが、もしかすると、本当は粋な船乗りが、妻や恋人、はたまたあちらこちらの港の女たちに「待たせたな、ほらよ!」と手土産にしていた、女性を喜ばせるテッパンのアイテムだったのかもしれない...などと妄想をしていたら、バイトに笑われてしまいました(≧∀≦)

2019年09月02日

某食べるラー油の宣伝文句のようですが・・・

前回のフレームの際に寸法を間違えて切ってしまった布がありまして・・・ 何とかミニサイズのフレームにしてみようと小さいモチーフを探しました。

原本は1919年アメリカ発行NEEDLECRAFTで紹介されているハンカチの中をくりぬいたところに付けているメダリオンで、【Five Point Star】と書かれていますが、いやいや、角は6個ですから!!!

そして、エジングと一緒に説明しているので、解読が難しい・・・アルバイトと一緒に格闘するも断念。画像から新たに、今ならどうするかを検証してみたわけです。

これは人によってもやり方が違い、前にも言った通り正解がないのですが、簡単そうに見えて実はいろいろな技術がてんこ盛りの、ちょっと難しい、でもなんか可愛いデザインでした。

布の都合でフレームセットは6個、あとはレシピのみの販売を予定しております。

ちょっと出来る方なら1時間から2時間で出来、ダブルシャトル、スプリットリング、方向転換など技術の練習にもなるので、お教室の課題などにもいいかもしれません。

図の解説はありますが、技術の解説はありませんので、出来ないという方はレッスンをお受けになった方がいいかもしれませんね。

腕試しにいかがですか!? 9月中に発売予定で製作中です。お楽しみに(^_-) 

目コピできる方はどうぞ♪

2019年08月27日
西南戦争の年、明治10年1877年に「童女筌」は文部省より発行されました。
300余ページにわたりたくさんの手芸が掲載された教科書的なこの本は、日本で初めてタティングレースが紹介されたということでも有名です。

原本は国会図書館デジタルコレクションで閲覧することができますが、句読点なし、旧漢字、カタカナの送りがなに一瞬たじろぐでしょう。
しかし、少し慣れれば、詳細な説明と図により、当時のレシピのまま再現することが可能です。
そしてそれが届いたばかりの西洋の香りそのままのデザインであることに驚かされます。

情報の伝達に時間がかかった時代、鹿児島までタティングが伝わっていたかは定かではありませんが、西郷どんが生きた最後の年、確かに発表されていたこのレシピで 時空の糸を結んでみてはいかがでしょうか。

日本最古と言われるタティング掲載本
明治10年文部省印行 童女筌 より
タッチングレース
「スタール、ペテルン、コーヴェレート」即チ星形紋ノ被物

恐らくStar Pattern Coverlet を、フレームがあるうちに来月のキットにしようと製作中です。
もちろん原文と解説付きです。
お楽しみに(^^)/
2019年08月23日

ミャンマー語もタイ語も何年か前まで少しわかったのですが、ロシア語は全くわかりません。

お客様から頼まれて、ゴージャスなビーズアクセの本を取り寄せました。

その名も Фриволите шаг за шагом ※△□☆×(>_<)

まあ、Frivolite(Tatting)step by stepということらしいです。

タイトルの見た目とは裏腹に、というかタイトルの意味通り、プロセス画像もたくさんで、目数入りの図もあり意外とわかりやすいです。何より日本にないデザインの勉強になることでしょう。

著者のNatalia Abrosimovaさんの前書きで少しわかったのは、タティングは東洋からイギリスに行った。ロシアへは19世紀終わりに来たとありました。

記号は K(カー)がリング п(ペー)はピコ Д(デー)はチェイン б(ベー)はビーズ

後は順番が1,2,3,4,とありますので、これだけわかれば皆さま方は大丈夫ではないでしょうか? 

2019年08月19日

知りたい人続出?! 好評で完売しておりました、リングにクロスにビーズを入れるキットのお色違いが出来ました\(^o^)/

【8/24発送予定のご予約 色違い】会員8名様限定 リングの中にクロスにビーズを入れる方法の新旧の違い研究キットはこちら

今回はかわいく白です。

その他に大正時代のレシピ再現解説キットも発売です♪ 古くて新しい、このデザインを再現してみてください。

 

【8/24発送予定】会員様限定10セット【モダンガールのタッチング 化粧品入手提】キット

何度も言いますが、この原本たちは著作権保護期間終了でみんなの財産になっています。閲覧、模倣、販売OKです。

原本で出来ちゃう方は、各図書館のデジタルカタログで無料でコピーできるのですよ。

このキットは、英語がわからない、旧漢字や言葉の意味が分からない、図になっていないとわからない、材料を買いに行くのが面倒な方に、材料をセットし、わかりやすく解説したものです。

その解説レシピには著作権がありますので、新しい方はコピーしないでくださいね(^_^)/

 

2019年08月16日
昔のタティング本を見ると、見慣れない言葉があり、直訳では分からないことがあります。
先の2回でわかったものは、

Oval →楕円 →リング
Scallop →ホタテ →波模様の縁飾り→チェイン
loop →輪 →ピコ (時にリングを指していたりします。)

和書では引き締めるがリングのことで、チェインは何もなく、連続した糸で作るとあります。
だいたい洋書も和書もリバースワークが書いていない。
当たり前の事だったのか、概念がなかったのか...

でもなんとか再現できるのがタティングの面白さです。

チェインが1864年に発表されるまで、もともとタティングはリングのみで、それ以前はピコつなぎもなく、ピコ同士を結んでいました。

ミャンマーで作られたスカーフには、今もピコ同士を結んでいるものがまれにあり、不良品!と指摘されることもあるのですが、こちらの方が古い技法で、ピコつなぎの方が新しい技法なんですよね...

タティングは、船乗りがロープや網や釣り糸を丈夫に結んだ技法でレースを作ったり、また一方では中国の結びの技法を装飾に取り入れてドレスに縫い付けたりした、ノッティングという技法から発展したと言われ、現在まで様々な変化をしてきました。

道具も少なく、持ち運びが楽で、言葉が通じなくても見ただけで再現でき、絵や記号での伝承も比較的簡単な技法だけに、世界中のあちこちに運ばれ、多発的に流行し、
技法も呼び名も変わってしまい、どこが発祥か、どこの国がメインなのか、正解がわからないのも面白いですよね。

タティングが今の技法にまとまってからの歴史はまだ約150年。
そしてこれからどんどん進化して、技法の正解も変わっていくことでしょう。

船で、馬車で、飛行機で世界中に広まったタティングレースが、いつか宇宙船に乗って宇宙にまで広まる日が来るかもしれませんね。


2019年08月12日

先日の研究セットは即完売でした。ありがとうございます。色違いを検討中ですので、少々お待ちくださいませ。

このマニアックな研究会、”タティングレースのひそかな愉しみ”ですが、会員制にしますと申しておりましたのはいずれのことで

今は先生方も当店も色々なことにチャレンジしている期間ですので、SNSには出さずHPのみで、メルマガ会員の方は閲覧自由です。

どんどんご利用いただき、ご意見などいただければ幸いです。

 

今大正時代のレシピ再現をやっておりまして、化粧品入れが出来ました!(^^)!

今となんら変わらない可愛さに感激しております!

 

しかし、ロングチェインが多く、上の段がヨレヨレ・・・

バイトがやっても私がやっても同じで・・・まだまだ修行が足りんかな・・・

 

でもあきらめない!

こうして・・・・        

こうして・・・

 

力技 (~_~;)

サゲルカライイヨネ~

お盆明けにまたお知らせしますね(^_-)

8/13(火)~8/17(土)はお休みいたします♪よろしくお願いいたします。

 

2019年08月10日

ありがとうございます。下記キットセットは予定数を超え売り切れました。

単品やレシピ販売も考えますので少しお待ちください。

 

先日の150年前のレシピでクラッシックなフレームが出来ました。 

このレシピを見て一番気になったのが、リングの中と中心のクロスのビーズ、どうやって入れているのだろう...ということ。

 

翻訳してみるとなんて事はない、ただ〇〇ているだけでした。 しかし納得が行かず、井川先生に相談すると、〇〇でなく、タティング技術であっという間にできてしまったのです。ああ脳の違い...

そしてできましたのが井川先生オリジナルのラメ糸ペンダントヘッドです。ビーズにも一工夫あります。

その新旧の技法の違いを研究していただくキットを制作中です。是非この違いを体験してみてください。

完売しました。単品やレシピ販売も考えますので少しお待ちください。↓

【8/24発送予定のご予約】会員6名様限定 リングの中にクロスにビーズを入れる方法の新旧の違い研究キットはこちら

お品切れになってもご安心を。井川先生のキットは色違いなども予定していますし、古い原本はデジタル化されていてどなたでも閲覧可能です。

古いレシピを解読、翻訳して再現したのがAphyuで、新たに作ったレシピにはAphyuの著作権があり、新しいデザインのレシピには井川先生の著作権があります。 原本は著作権保護期間満了の書籍ですので、このレシピを活用することに問題はありません。

2019年07月29日

内緒で仲間内だけで・・・と思っていましたが結構バレてましたね(~_~;)でも当店のお客様だけの秘密ですよ♪

さて今日は大正時代のお金儲けの本から面白い記事を。

大正12年(西暦1923年)のお金儲けの本に、貯蓄、株、不動産、副業(パン屋、たばこ屋、養鶏) に並び、内職(和洋仕立て、メリヤス裁縫、刷毛、洗濯洗張)の中にタッチングレースと出ています。

すぐに修得できて、1日1円(現在の価値で約4,000円)~2円の稼ぎになり 腕がいい方は4円(16,000円)にもなるだろうとあります。

『成功の道は十人十色、個人の特色を発揮するということを目標にお金儲けを』と謳う経済本になぜかタティングレース。

1世紀近く前に救世主のように現れたこの新しい手芸に、目を輝かせながらこぞって取り組んでいらしたのかもしれません。

日本全国でタティングが用いられるようになるだろうという著者は先見の明がありましたね。大きい記事はこちら

国会図書館デジタルコレクション インターネット公開 著作権保護期間満了図書 十人十色金儲大解剖学 : 金儲智識早わかりより

この原本の著作権は切れておりますが、画像の記事は新たに打ち込んだもので、これには著作権があります。またこのネタは、お教室などでお話になるのは構いませんが、SNSなどには公開しないでくださいね(^_^)/

2019年07月24日
こんにちは。毎日蒸し暑いですね...

急に何?と思われているかもしれないですが、最近SNSなどにちょっと疑問を感じ始めてまして...
踏み込んだ話題はこの放置している店長日記を活用してお知らせしようかと思った次第です。

だってこのページは少なくともうちのHPから見ていただいていますからね...

情報が何でもタダで手に入る時代、お金を取るのは悪のように言われますが、お店で情報を発信して物が売れないのは、会社に行っているのにお給料がもらえないのと一緒なので…

だからせめて、〇〇zonの方が安いからそちらで洋書を買いたいのですが、中身が見られず失敗が多いので、文字だけでなく、編み図があるかどうか見ていただけますか? など言わないでください!
どうか...せめて...購入を検討中ですが...と言ってください。

そして3000円払ってレッスンを受けている人の横で2時間丸々見学して、お入りになりますか?と聞いても見てるだけ...
編み図を目コピして、コツを盗み聞きするとかやめてください。

お店だから、何も言うことができません...

話はそれましたが、そんなこんなで、専門店だからと言って全ての情報を垂れ流すのはやめようかと。
会員制のタティング大学を検討中です。

本気で学びたい、本気で研究したい方が集まれば、素敵なアカデミーができる気がします。

今は150年前のレシピを再現(画像)、今の素材や技法ならどうするか?
などの資料を作っています。

この日記で少しずつお知らせしますので、いつからですか? 買えますか?
などのご質問は不要です。
またこの中のことは、Aphyuのファンでいてくださる皆様とのひそかな愉しみとして、SNSなどに投稿など無用でお願いしますね(^^)
2019年05月16日

オリジナルキット ラリエット小梅さんとおでかけ のレシピに誤った編み図が混入した可能性がありますのでお知らせします。

3ページ目の2つの小梅さんの編み図のピコットの数が入れ替わっている可能性がありますので、実物大の画像を参照しつつ2ページ目の表の数で作ってください。

 皆さまが楽しくお作りいただけるよう、間違いのない制作を心がけて精進しますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2019年04月08日

ホビーショー出展の為、自由が丘店は4/23(火)は14時閉店、4/24(水)~5/1(水)は、自由が丘店、ネットショップともにお休みいたします。この間もネットショップではお買い物できますが、お問い合わせへの返信、ご注文のお品物の発送は5/2(木)より順次いたします。ご注意ください。

なお、ホビーショー会場内でも販売しておりますため、ネットショップ上に在庫があってもお品切れしていることがございます。お取り寄せは致しますが、輸入品の場合はお時間が掛かったり、入荷しなかったりがございますがご了承ください。

4/25(木)~4/27(土)は国際展示場 ホビーショー会場 西ホール No.40-14ブースにてお待ちしております。

2018年12月10日

◆◇◆年末年始は12/26(水)~1/4(金)までお休みいたします。◆◇◆

お陰様でAphyuおちゃのこネット店は11月で6周年、自由が丘店は12月で5周年を迎えました。

みなさま本当にありがとうございます。

暖かく、秋がないと言われていた11月でしたが、12月に入りぐっと寒くなってきました。

みなさま暖かくなさって、おうちでタティングをお楽しみください。

益々通販や、キャッシュレス時代が加速し、お買い物の仕方も目に見えて変わってまいりました。

皆様のお買い物のお役に立てますよう努力して参りますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2018年09月02日

イベント出展の為、9/14(金)は自由が丘店は17時閉店、9/15(土)〜17(月)は自由が丘店は営業しておりますが、ネット業務をお休みします。この間のご注文のお品物の発送は定休日明けの9/20(木)より順次いたします

9/15(土)〜17(月)は日本ヴォーグ社本社2階で開催されます『毛糸だ!まつり』に出展いたします。 当店はM-6ブースです。糸、シャトルやキット、タティングアクセやショールを販売します。

ワークショップも毎日開催!はじめてさんの他、プラリングをくるんで作るタティングチャームを作ります。ワークショップのお申し込みはこちら

是非ご参加ください♪

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 9 次のページ»